スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW TYPE Camera Case

カメラバックの悩み

それは、一言、重い

とにかく重い!


旅の初日はいいが、二日目以降はさらに重くなる(そう感じる)


それとターミナル内は意外と歩く





そのためキャスター付のRIMOWAやIATAサイズのカメラバックを用意したのだが、最近チェックインの際に

「重そうだから、計ります」


と言われるし、IATAサイズと言って、世界的に決められたサイズ以外は問答無用で預けさせられる(ことも多い)


海外ではもめるケースが多いし、もめて従わないと航空券がもらえない=乗れないという図式になる。




カメラは絶対、機内持ち込みにするが肩掛けカメラバックなら言われないが、キャリーケースでは言われる。



そこが悩みであった。


そんで、買ってしまった。
CFaug12_3428.jpg
RIMOWAのルフトハンザ・ヴァージョン、プライベートジェット仕様。

濃いシャンパンゴールドがお洒落


正直、最近羽田などでRIMOWAを転がしている人を多く見かけるので

「RIMOWAはもういらないや、みんな持ってるじゃん」

と思っていたが、よる年なみには勝てずキャリーケースを導入。





実は以前から悩んでいたのだが、RIMOWAのカメラバックもあるが、IATAサイズオーバー

このミニタイプなら、重そうに見えないので(これは大きなポイント)

カウンターで「計らせてください」と言われないのがミソ!


カメラやレンズの梱包をしっかりしなきゃならないのと、

180度ガバッと開くのが気に入らないが、これは改造する予定。


こうしてカメラバックがどんどん増えてゆくのであった・・・

円高バンザイ!
スポンサーサイト
プロフィール

Charlie F

Author:Charlie F
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。