スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒコーキと空港と人の関係8

精神的および、仕事で多少余裕がある。もしくは気分が乗らないと掲載しないので、

時間があいてしまいすいません


今回は


こういうパターンもあるんだ・・・






という方


もともと飛行機写真なんて興味なし

専門は広角レンズ、夜景撮影


その腕前は横浜の夜景、夕景を撮らせたら右に出るものはいない というくらいのレベル


そんな彼は友人に進められてCanonのEF100-400mmを買った

それはカメラをはじめて4年目のこと


「望遠ズームの100-400mmを買ったはいいけど、今まで広角しか使ったことがないのに、何を撮ろうか?」と考えた


「うーん、動くものを撮ってみたい。でも電車って感じじゃないよな、飛行機の講座があるからとりあえず行ってみて、おもしろくなければ100-400mmを売ろう」と思い EOS学園航空写真講座に出た



すると、初めての実習で2時間の間に撮影した枚数は、なんと1600枚


たった2時間で1600枚とは驚きだ


CF1210_0380.jpg


「夜景は一人でもくもくと撮るんです。でも飛行機はみんなでワイワイ撮るのが楽しいんです」


と語る

しかし、「作品は一人で撮りに行きます」とキッパリ


いつもはおおらかだが、ストイックな顔も持つ


「もともと夜景が好きなので、夜のヒコーキ写真に興味があります」


飛行機写真を撮り始めて、ヒコーキが身近になったそうで、飛行機写真をはじめて2年ほどだがやけに詳しいのには私もおどろいてしまった。

今は管制にも興味があると言う


「でも広角で人と違う写真を撮りたいですね、広角でバーンというのが作風です」

そう、自分の作風を持っておられる方なのだ


さらに「もっと飛行機を撮る人に広角のおもしろさを伝えたいです。広く撮ることによって迫力を伝えたいんです。望遠の圧縮効果と違う表現です」

広角のゆがんだ表現が好きで、最近はEF8-15mmの魚眼にハマリ中。


飛行機写真の入り口はレンズを買ったことから


だけど、広角、それも魚眼で飛行機を狙う、独特の視点を持つ方であります。


また、おもしろい広角の写真、見せてくださいね。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Charlie F
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。