スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリフォルニアの人は話好き

ロサンゼルスのエアポートホテルでのこと
チェックアウトに行くと

Hey how are you? まあこれはアメリカ人はどこでも言うセリフ



中学英語でHow you do you と習ったがアメリカじゃ聞かない

まあhow are you ときたら I’m fine thank you と学校で習いましたね。

そんでand YOU?と聞くまでのセンテンスは決まり文句。



日本人はI’m Fineしか習わないので、具合が悪かろうが、死にそうなときでもI’m fineと言うが、
かつて私もそうであった。


全然ファインじゃねーよ、今日は調子悪いんだよ。という時もある。LAで勤めていたときは、No Badとか、Soso(まあまあ)とかもいろいろ使えることを学んだ。



そんでホテルのフロントスタッフは、「今日はどこに行くんだい」
「ロンドン」 と答えると

「うーん、ロングな旅たね~、向こうは寒いって聞くけど、YOUは着込んでるから大丈夫だね」
こんな感じで、誰もが親しげにしゃべるのが南カリフォルニア流。

ニューヨークあたりだともっと静かだし、ロンドンだと余計なことは言わない。(寒いからか?)



まあカリフォルニアは陽気で、いろいろ話しかけてくるので若い頃(住んでいた頃)英語を学ぶのには鍛えられる環境だった。

でも彼らはコミュニケーション能力があるから、すいません(エクスキューズミー)とか、エレベーターを降りる際や、どこでも目があったら「ハーイ」と言うし、気分もいい。


最近の日本はお年寄りも含めて込み合う電車で降りるときとか「すいません」とか一言いえばいいじゃん、と思うことは多々ある。

コンビニのレジでも「ありがとうございます」と店員さんが言っても無視する人も多い

日本人もコミュニケーション能力が落ちたものである。

なので、私はできるだけ、コンビニのレジでもどこでも「ありがとう」とか言われたら、こちらも「ありがとう」とか、せめて「どうも」くらいは言うようにしている。そのほうがお互い気持ちいじゃん。

カリフォルニアの人たちを見ていてつくづくそう思うのでした。

CF1312_1150.jpg
屋根にサーフボードがCariforniaでしょ。

また住みたいなぁ・・・

スポンサーサイト
プロフィール

Author:Charlie F
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。