スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス文化に降参

旅をしていると、その国の文化や簡単な歴史など、背景を知りたくなる(こともある)

どちらかと言えば、アメリカに住んでいたし、アメリカの会社に勤めていたので
アメリキャーンな文化が好きでアメ車乗りの私だが、最近年を重ねるうちに若い頃は理解できなかったイギリス文化が少し分かるようになってきた。


そして先週のこと、以前の同僚で現在転職してBritish Luxury Brand Groupと言う、イギリスの高級ファッションブランドを扱う(ファッション業界では有名)
お店のファミリーセールに呼んでいただき高級感あふれる恵比寿ガーデンプレイスに出かけた。
(ファッショナブルな方は下記のWEBを)

http://www.blbg.co.jp/


だが、ファミリーセールでお安くなっていると言っても、
紳士靴=すっげー安くて4-6万円
コート=20万円 
傘=1万五千円とかそういう世界

上品でハイソなセレブの皆様は「あら、お安いわねぇ」とか言いながら20万30万とポイポイ買っている。
しかも来ている人が紳士淑女皆様スタイルもよくカッコイイ、

オレなんか、革ジャン&ブルージーンズのアメリカンなファッションで行ったので浮きまくり。

昨年も悩んだが、バルカンファイバー製で世界のセレブ御用達のグローブトロッターのカバン10万円
を見ながら「うーん、いいけど、欲しいけど、カッコイイけど、空港で放り投げられて痛むじゃん」
と思い辞めた、

うーん、庶民だなぁ・・・


そんなオシャレブランドを学んだ(見るだけ)あと、車検で上がったコルベットを取りに調布の
シーザートレーディングへ


コルベットの車検は10万円強で6年間で故障ゼロ、オイル交換と消耗品交換のみでお金がかからないが


ここで見た車もブリティッシュ・ラクジュアリー
CF1402_0016.jpg
ほら、B787のエンジンについているマークね

重厚で価値あるベントレー(イギリスね)
CF1402_0003.jpg

最近の車内ギラギラ仕様のパネル
CF1402_0021.jpg






そんで、裏にはブリティッシュの 貴族が乗る野蛮な車アストン・マーティンが
CF1402_0025.jpg
なになに、ジェームズ・ボンド来てんの?

アストン・マーティンDB9 

まあ007はアストンのDBSとかバンキッシュだが、似たようなもの


上品です。
CF1402_0030.jpg
CF1402_0045.jpg
CF1402_0041.jpg
CF1402_0038.jpg
これ、いいじゃん、欲しいほしい。

新車だと2000万円、

これは中古なので1000万円
なんかお得な感じがするじゃん、気のせいか???



買います(10年後に)
言うだけタダ


だいたい、コレに似合う渋い男にならなきゃいかん。
まだ残念ながら私には早い、


イギリス文化 深いです。

これでダイソーとか、ユニクロとか行けないじゃん・・・
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Charlie F
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。