スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SNS専門セクション

ロングの撮影も終わり、大量の画像処理と仕分け作業をかかえて引きこもり中であります。

先月行ったアトランタの写真がようやく見えてきたのだが、

写真はイメージだが、デルタのSNSセクションというのを見学させていただいた

CF1408_3661.jpg
ツイッターやフェイスブック、ラインなど最近どこのエアラインもやりはじめているが、PRがメイン。

しかしデルタはこの分野の進出が早く、例えば遅延が発生して乗り継ぎがまずくなったりするとツイッターで
書き込むとレスポンスチームが対処してくれたりする。

欠航などになると、頭に血が上り、デルタのツイッターやフェイスブックに 「ふざけんなデルタ、どこどこへ行けなくなったじゃないか!」と書きこむと

担当者が「どうされましたか?」と事情を聞いて、可能な限り再手配してくれる 

これって、すごくない?


LCCなんかでトラブルで電話で30分とか待たされると、電話に担当者が出た頃には怒りがMAX。

だが、言うよりトラブルは書いた方が早いし記録に残る。

「○○空港の係員の対応が悪い」と書いても、しかるべき部署や上司にレポートが行くしくみ。


これってすごいよな

フェイスブックなどで使う写真の打ち合わせに航空会社に行くと、皆さん怖がるのは変な客がその場で

「成田のカウンターのヤツ感じ悪い」
とか書かれることだが、それをポジティブに考えフィードバックする

これからのエアラインのSNSの考え方かもしれない。

そんで、おまけだが、米系航空会社にはエマージェンシーレスポンスルーム なるものがある。
日系は知らないし見たことがない。

アメリカのCIAやFBIなどドラマの世界のイメージで、モニターや作戦指揮室みたいでカッコいいのだ
CF1408_3667.jpg
緊急時にここに入ることが許されている社員のIDには ERT エマージェンシーレスポンスチーム の頭文字が赤で書かれていた(コンチネンタルの場合)

アメリカらしいよね~

こういうノリわりと好きかも、こういう場所を見学するツアーでも作るかな。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Charlie F
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。