スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリーケース修理

近所のJAL ABCさん、
いつもお世話になっております。

今日もキャリーケース二個修理に持って行きました。

ここには飛行機好きのマネージャーがいて、いつも相談にのってくれる。

「修理するより、これなら買った方がいいよ」とか、

「このメーカーのはどうですかね?」とたずねると、修理高いよとか教えてくれる。

実際、この方からのオススメでゼロハリバートンの強靭なキャリーケースを買ったし、

「欲しいなぁ」と思って何度も見に行った、グローブトロッターは「ちょっとの修理で1~3万円」と言われて断念した。

今回は車輪がダメになり交換


まあさ、預ける荷物は「投げられるのが基本」だからね。

この間も米国の某大空港で(空港名を言うとエアラインがばれる)、ビジネスクラスカウンターで「取り扱い注意」と言っているそばから投げた、まあそんなもんだ。


日本の空港チェックインカウンターに立っていたときにさ、
「某LV のカバンだから、ビニールかけろ」とか言うのは貧乏人を宣伝しているようなもの、

そんなの日本人だけ、



LVもグローブトロッターもオリジナルモデルはポーターに運んでもらうように、車輪とかない。
(最近のモデルはそんなことはないが)

つまりそういう身分の貴族とかが持つものなので、キャリーケースは消耗品だからほどほどので良いのだ。


ちなみに米系エアラインCREW御用達、TRAVELPROというのは$150くらいでハードユース

何年か使ったら捨てればいいので、修理のプロもコストパフォーマンスを考えればそういうのがいいそうだ。
スポンサーサイト
プロフィール

Charlie F

Author:Charlie F
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。