スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四時間越えフルコース

ドバイ最終日、

ドレスコードはジャケット着用、 この上を行くとタキシードですね。

ホテルのエレベーターエントランスに集合したメンバーでございます。(お上品にね)


まず、こういうお皿からスタート


スープ


お魚でございます。だいたい一皿出てくるのに30分程度お時間を要しますので、その間おしゃべり


私の隣に座られたホテルのPRマネージャーは、ロシア人とイラン人のハーフの方でスウェーデン育ち、

このホテルの前はイギリスで勤務していたそうで、三か国語を流暢に話せるほか、数か国語を聞くことができます。



さすがインターナショナルなお国ドバイでございます。


ワインは足が長いと申しましょうか、高さが高いワインで、毎回のお料理ごとに、ソムリエが
ソービニオンブラン、ピノノアール、シャルドネ、カベルネなどの説明と年、スペイン、南アフリカ、オーストラリア、オーストリア、ドイツなど産地を解説してくれます。

たとえば、「次に来るお料理は塩気があるので、甘めのリースリングをチョイスさせていただきました。お食事の塩味と、ワインの甘みでバランスがとれると思います。製造年は2009年のオーストリアのリースリングで、なんたらかんたら・・・」という感じです。


ワインは好きで、白ワインを好んで普段も買うので、銘柄と産地くらいは知っていて、良かったぁ。

参加者のメンバーも、もっと詳しい方がいたり、毎月赤ワインを3本セレクトして送ってもらう方などワイン知識が富裕でした。

こちらはレストランのエントランスでございます。


ビューはアンダーウォーター、シャークな52種類のお魚がいます。
「それを食べるのか?」というのは、発想が貧困なのでおやめください。



どれもチマチマ、あっ、失礼しました。 美しく盛られたお料理でございます。


スズキの上にキャビアがのっております。


写真の順序がバラバラだと思いますが、グルメじゃないので申し訳ございません。


スタートは7:30で終了は少々カットしてもらって、食後のコーヒーも飲まずに12:00前に終了です。

お疲れ様でした。 いや、大変ごちそうになりました。

エミレーツ様、ブルジュ・アル・アラブ様 ありがとう!
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Charlie F
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。