スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星野さんの本

このところ毎月のように太平洋をこえアメリカへ飛んでいる。

すると春の訪れが良く分かる、特にアラスカ付近を飛ぶときがそうで

真冬の北極海は氷に閉ざされていたのに、二月の後半になると氷が一部割れてくる。
CFfeb11_5581.jpg


成田まで6時間ほどの場所がそうで、国際日付変更線のあたり
CFfeb11_5582.jpg


アラスカは私も何度も訪れているほか、お気に入りの本で熊に襲われてお亡くなりになった、

フェアバンクス在住だった写真家 星野道夫さんの本を幾度となく読んでいるので、

上空からこのあたりを見れば、その下で何がおこっているのか想像できる。


星野さんの本によると、エスキモーが氷の上でくじらやオヒョウを追っていたりするのだ。

氷の海の下には豊かな自然の生態系があり、我々と同じ顔をしたモンゴロイドの人たちが生活している。

成田からわずか6時間、距離にして4500kmほどだが、

現地に行くには遠いかの地で、都会の生活とかかけ離れた文化、暮らしがある。

そんな風景を窓から見て想像できるのもヒコーキ旅の魅力であり、

空港はそんな景色、知らない地へと続くゲートウェイでもある。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:Charlie F
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。