スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給油

ふだん、ガソリンを入れる時はセルフスタンドで入れる。


今では日本でもセルフスタンドはふつーだが、昔は違った

20代の頃にカリフォルニアで生活していたときに覚え、日本もそうなれば良いのに・・・と思っていたら、そうなった。

が、しかし


オレゴンで先週ガソリンを入れようとしたら、セルフがない?なんで???

ガススタンドでおっちゃんが来たので、ここはフルサービスなの?と聞くと、「オレゴンはそうだ」と言う


知らなかった、アメリカはセルフスタンドが常識と思ってた・・・

その翌日

ヒコーキでガソリンを入れに隣の空港まで、小野アビエーションの小野さんと飛んだ

私も、アマチュアパイロットにしてはアメリカ西部の空港は自分で結構飛んでいると思うが、給油は大きい空港ばかりで、
「N8231Tのパイロットだけど、30ガロンよろしく」とか、言ってお願いするしか知らなかった。

しかし、ここはセルフサービス


車はセルフはダメだけど、ヒコーキはいいの?

オレゴンって不思議?


そんで入れ方を教わった

皆さんも、今後のために覚えておくとよいだろう

CFJUL11_2318.jpg
給油する機体はダイヤモンドDA20




キャノピーはFA18とかF15みたいに上に開く、カッコイイでしょ

CFJUL11_2317.jpg
まずはガソリンポンプの前でエンジン停止




クレジットカードを機械に通す、車にガスを入れるのと同じですな
CFJUL11_2320.jpg
そんで、アースをつなぐ

CFJUL11_2321.jpg
給油キャップを開けて、満タンになるまでガスを入れる

車と同じで満タンになると自動でポンプは止まるけど、止まらない時のために脚立に乗って一応見ることもある。



CFJUL11_2322.jpg
満タンになったらホースを戻して、レシートを受けとり、アースも外せば終了

ちゃんと覚えましたか、これで小さい空港に飛んでも安心ですね。

私も今後一人で飛んでガスがなくて、給油してくれる人がいない場所でもこれで安心。

スポンサーサイト
プロフィール

Author:Charlie F
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。