スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛行機を見る文化


世界さまざまな土地の空港を訪れていて感じることは、送迎デッキが少ないということ。



日本では、見送りに出かけ、その人を送り出したらデッキに行き、搭乗したヒコーキが出発するのを見届けることが多い。



特に遠く離れた家族やなかなか会えない友人、

空港にめったに来る用事がない人たちにとってデッキは楽しみの場所でもあり、見送る場所でもある。



しかし、そういう思いは世界共通ではなく、アメリカではほとんどデッキがある空港は見かけない。

CFfeb11_0100.jpg


欧州でもアムステルダム、チューリッヒ、ドイツのいくつかの空港というくらいで、

パリにもロンドンにもない、(正確には閉鎖されてしまった場所がほとんど)


となれば、カウンターかセキュリティチェックのところで手を振ってお別れ、

でもそれじゃあさびしいし、空港に来てヒコーキを見ないで帰るのはさびしいよね。

そういう意味では日本の空港はヒコーキが見える展望デッキがあり、

空港周辺に公園が整備されていることも多い、たとえそれが騒音対策のためであっても、

ヒコーキへの憧れが感じ取れる文化が作られていると思う。


欧州旅を終えて、デッキのありがたさが身にしみているこのごろである。
スポンサーサイト
プロフィール

Charlie F

Author:Charlie F
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。