スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼熱のランプ撮影

先週は某外資系A社のマーケティングの撮影

早朝からランプでの撮影だが

CFAUG11_1110.jpg
(写真はイメージです)

暑さに強い私でも、とにかく暑い、

ここでランプに寝転んで撮影(頼まれていないけど、迫力を出すために)

火傷覚悟なわけよ



そんでいろいろオーダーのものを撮る。


ランプなので他社機もうろうろしているが、

他社機を堂々と撮影するわけにもいかない。

まあA社の方々はむちゃくちゃ良い方なので、うちのをしっかり撮っていただければ、あとは御好きにと

アメリカンな考え、


これが日系だとそうはいかない、(そりゃあそうだ、紅組の撮影で青い機体は極めて撮りにくい)

場合によっては次のオーダーはないと思った方が良い


しかし米系は打ち合わせや、流れもアメリカンな雰囲気なので、アメリカナイズされている私にとっては極めてお仕事がやりやすい


そして、こちらから提案したテイクオフの撮影
CFAUG11_0817.jpg
こちらかた提案したのだから、場所決めもこちら次第


ただし暑いと滑走距離が伸びる


乗客数、行き先、貨物重量の情報はもちろん、離陸重量 何万ポンド、風向、風速、気温から算出して

離陸位置をさぐる。

ACLは、デンシティ・アルティテュードが上がると厳しいから・・・、TOWは?となど、

オペレーションの方と専門用語が飛び交う、






希望は斜め前のノーズが上がったあたりからNRTらしいカット
CFAUG11_0964.jpg

暑いと、空気が膨張するので

1、翼の下にかかる空気、
ニュートンの第三法則とベルヌーイの法則

飛行学校で習ったけど、詳しく説明するとややこしいので省略



2、エンジンが取り込む空気が、空気膨張により減る

つまり高速で走らないと空気を多く取り込めないから滑走距離が伸びる

これも、空気の密度や空気中の酸素の割合という難しい話しになるので、詳しくは省略



まあ、そんな理由で離陸位置が伸びるので、大変だが、そこはプロの腕の見せ所
CFAUG11_0812.jpg
これじゃあ、遅い

というかイメージとは違う

CFAUG11_0939.jpg
なかなかいい感じ

まあオーダーの写真は、ここでは見せられないのでイメージだが


そういう感じで撮影

ただし、同行の皆さまは暑いので狙いの機体が来るまでは木陰で過ごす




しかし私は、
「いやあ、露出テストでね」

とか言いわけをしながら、他の機体をちょこちょこと撮るわけよ、

まあ前述したように、A社の方はフランクでとても親切なので、

CFAUG11_0915.jpg

中で撮れる人はいいなあと言われることもあるけど

それは中で働いている人



我々はけっこう制約も多く、気も使うのだ。

まあ撮影時間は15分ですな。
スポンサーサイト
プロフィール

Charlie F

Author:Charlie F
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。